横綱・照ノ富士が大鵬以来の「横綱昇進→2場所連続V」へ好発進! “技”で霧馬山を撃破

公開日: 更新日:

「力」で動かし、「技」で仕留めた。

 14日に初日を迎えた11月場所。横綱照ノ富士(29)は同じモンゴル出身の後輩、霧馬山を撃破して白星発進を決めた。

 得意の右差し左上手には持ち込めなかったものの、強引な左下手投げで霧馬山の体勢を崩すことに成功。すかさず相手の右足に手を伸ばし、小股すくいで決めた。

 パワーだけでなく、技術も兼ね備えた照ノ富士。当然ながら、今場所も優勝候補の最右翼である。先場所は年6場所制になった1958年以降、史上5人目となる新横綱優勝を果たしたばかり。仮に今場所もVなら、さらなる記録を手にすることができる。横綱に昇進した直後から2場所連続で賜杯を掴んだ力士は、61年11月~62年1月の大鵬のみ。照ノ富士が2人目となる可能性は高い。

 現在の土俵を見渡す限り、照ノ富士に迫る力士は皆無と言っても過言ではない。この日、横綱相手に見せ場をつくった霧馬山や若隆景、豊昇龍らは将来有望でも、まだ成長過程。大関2人は地位のキープが精いっぱいだ。たまに照ノ富士に勝てる力士がいても、15日間トータルの成績では太刀打ちできそうにない。

 新横綱から3場所連続……となれば、大鵬ですらかなわなかった唯一無二の記録。照ノ富士を止めることができるのは、ケガによる休場だけかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ