ソフトB“平石退団ショック”でも揺るがない コーチ陣を「2年」でシャッフルする深謀遠慮

公開日: 更新日:

 3日、西武が来季の組閣を発表した。辻発彦監督は続投で、松井稼頭央二軍監督がヘッドコーチに。この松井“次期”監督の補佐役として期待されているのが、新加入の平石洋介打撃コーチ(41)だ。

 昨季からソフトバンクの一軍打撃コーチを務め、今季で退団。選手にやる気を出させ、不振に陥る選手へ熱心にアドバイスするなど「モチベーター」として高く評価されていたが、来季三軍監督への配置転換の打診を断り、PL学園の先輩の右腕となる道を選んだ。

 ソフトバンクは優秀なコーチでも2年前後のスパンで職場が変わり、一~三軍のポストを歴任することが多い。ある球団OBは「さまざまな現場を経験させることでコーチを育てたいのです」とこう続ける。

「球団が最も懸念しているのが、指導者の好き嫌いや固定観念。例えばAという選手がいたとして、Bというコーチに評価されなかったとする。そうなるとBコーチがいる間は冷遇されかねない。しかし、配置転換でやってきたCコーチが別の視点でAを評価するかもしれない。あるいはAとBコーチは性格的にウマが合わなかっただけで、Cコーチとは気が合うかもしれない。コーチといえど好みはあるし、評価ポイントも人それぞれ。固定観念にとらわれない指導を心がけてもらうだけでなく、せっかく獲得した選手を冷や飯食いのまま終わらせないためのシャッフルなんです」

 平石コーチは楽天時代も「二軍統括」就任を打診されたものの、一軍での指導を希望し、退団となった。

 ソフトバンクにすれば逃がした魚は大きかったかもしれないが、それもやむなしだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!