森保ジャパンに「三銃士」不要論…元10番・中島翔哉もケガと不調で影薄く“あの人は今”

公開日: 更新日:

 カタールW杯アジア最終予選B組4位に低迷中の森保ジャパン。プレーオフ進出「3位」の後塵を拝して、今月11日のベトナム、16日のオマーンとの敵地2連戦は、まさに正念場と言うしかない。

 森保代表は、予選第4節のオーストラリア戦で4(DF)―3(MF)―3(FW)の新布陣を採用。J1最強・川崎の基本戦術とあって中盤にドイツの田中、ポルトガルの守田の「元川崎MFコンビ」が起用されて大当たり。4日発表の代表メンバーは、オーストラリア戦招集選手を中心に選出される見込みだ。

「森保ジャパン発足時は<三銃士>がもてはやされましたが……」とサッカー関係者が続ける。

「1トップの背後の2列目の左にポルトガルMF中島翔哉、センターに英プレミアMF南野拓実、右にオランダMF堂安律が横並びに配置され、小柄で俊敏で技術の高い3人が連係して波状攻撃。対戦相手の大きな脅威となっていた。中でもエース番号・10番の中島は、森保ジャパンの攻撃の大黒柱として期待された」

 ところが中島はコロナ禍の最中にカタール―ポルトガル―UAEと移籍を繰り返すうちにコンディションを崩し、今年8月に古巣ポルティモネンセ(ポルトガル)に復帰後も、全盛期のパフォーマンスは戻っていない。

「中島が代表から外れるようになると、南野が左に回り、センターにスペインMF久保が入って、右の堂安との3人が攻撃の主軸として期待されたが、久保も堂安もケガに泣かされるようになって11月シリーズは招集外。南野も英プレミアで10試合中1試合出場とベンチ要員。新旧<三銃士>は影が薄くなった」

 今では三銃士不要論も出てくる始末。当該選手にとっても正念場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり