広島・坂倉が打率セ2位の大躍進 恩師が語る「打撃開花の裏に鈴木誠也あり」

公開日: 更新日:

 首位打者を巡るチーム内のデッドヒートに決着がついた。

 タイトルを獲得した広島鈴木誠也(27=打率.317)に最後まで食らいついたのは高卒5年目の後輩、捕手の坂倉将吾(23=同.315)だ。今季最終戦となった11月1日のヤクルト戦で3打数2安打。鈴木には及ばなかったものの、リーグ打率2位でシーズンを終えた。昨季81試合から、今季は一塁手との“二刀流”で132試合に出場。9月と10月始めには打率トップに躍り出て、捕手にして首位打者という史上5人目の快挙に現実味を持たせた。

 日大三高の恩師、小倉全由監督(64)は坂倉の飛躍の理由を「鈴木誠也選手が刺激になっているようです」と、こう分析する。

「坂倉は鈴木選手について『誰よりもバットを振っている。普通の人なら体を壊すレベル』と驚嘆していました。偉大な先輩を前に、練習量では負けないように取り組んでいたのでしょう。私は日大三高で『目標を高く、プロを目指せ』と指導するので、これを口にする選手は多かった。その中でも坂倉は別格で、口先だけでなく強い執念を持って取り組んでいました。低い方には流されず、芯が太い子なんです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ