小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

1年生の松坂大輔を夏の甲子園に帯同させたことが逆効果になったワケ

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園で4強入りした京都国際(京都1位)が近畿大会の準々決勝で和歌山東(和歌山2位)に競り負け、来春のセンバツ出場は当落線上となった。県大会準決勝で敗れた智弁和歌山に続き、近畿大会1回戦で敗れた智弁学園(奈良1位)、同じく8強の近江(滋賀3位)と今夏の甲子園4強校が全て当確ランプをともせずに敗退した。

 京都国際を4強に導いた2年生エース左腕の森下は先発せず、1―3となった六回から2番手として登板するも2―3で敗れた。

 監督が次戦のことを考えてエースを温存。しかし、先行されて苦しくなり、慌ててエースを投入するが、追う側は焦りから凡ミスが出る。さらに、いい当たりが正面をつく。相手側にファインプレーが出る。これがお決まりのパターンだ。実力は上でも、相手に主導権を握られると、なかなか奪い返せないのが高校生なのだ。

 夏の甲子園で勝ち上がると、新チームの始動が遅くなり、秋の大会に影響する。夏の間、有望な1、2年生をどう練習させるかは難しい問題である。先日、西武で引退した松坂大輔横浜高の1年生だった頃を思い出す。出場した夏の甲子園に特別に帯同させた。ベンチ入りはしていないし、新チームを見据えたからでもない。将来、プロに入れるため、私の目が届くところで練習をさせたかったからだ。当時は太り気味だったため、体を絞ることも目的だったが、宿舎の食事がうまかった上、1年生は2、3年生が残したものを食べる「残飯整理」をしなければならない。逆に太ってしまったというオチがある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!