楽天は“天敵”佐々木朗希に戦々恐々…ロッテはCS第1ステージでいつ先発させる?

公開日: 更新日:

 ロッテには絶対的なエースがいない。今季2ケタ勝利したのは10勝4敗の左腕小島のみ。特に投手力がモノをいう短期決戦では無視できない要素だ。

 しかし、高卒2年目の佐々木朗希(19)が後半戦で頭角を現した。もっか3勝2敗、防御率2.27。特に10月に入ってからは3試合で同0.47と驚異的な数字を残している。そんな佐々木を警戒しているのが、CS第1ステージで対戦する楽天だろう。対戦成績は3戦1敗、防御率1.35。QS(クオリティースタート)も2度、許している。まさに天敵だ。

 その佐々木がいつ投げてくるのかもわからない。仮にロッテに優勝の目が残っていれば、30日の本拠地最終戦での先発が予定されていた。その場合はCS初戦の11月6日に中6日で投げられた。それも優勝を逃したことで変わる可能性がある。

「『こいつで負けたら仕方ない』という絶対的エースがいれば、問答無用でCS初戦の先発でしょう。そうしたエースがいないのだから、後は相性の問題になる。勝ち星が最も計算できる投手が初戦というのが定番だが、逆に連敗を避けるために2戦目にもってくるケースもある」(楽天OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽