オリ25年ぶりVは「“脱”宮内氏・フロント改革」の賜物…前回優勝時の球団代表、井箟重慶氏が看破!

公開日: 更新日:

野球をよく知る福良のGM就任が大きかったと思いますね」

 こう言うのは井箟重慶氏。オリックスが前回リーグ優勝、日本一にもなった1996年当時の球団代表だ。その井箟氏が27日、25年ぶりのリーグ優勝を決めたチームに関して、福良淳一GM(61)の手腕が大きいと言うのだ。

功を奏した福良GMの「脱・宮内オーナー」

 福良GMは前身の阪急出身。現役引退後はオリックスコーチ、スカウト、日本ハムコーチ、二軍監督などを経験した実績がある。

「オリックスのフロントはそれまで素人同然、宮内オーナーの顔色ばかり見ていた。オーナーは自分で野球チームをつくってピッチャーをやっていたほどの野球好き。とにかく、負けることに我慢ならない。わたしが代表だった当時も、不甲斐ない試合をした翌朝は、自宅に怒りの電話をかけてきたほどです。監督の選手起用や戦術を批判、あんな監督じゃいかんくらいのことは言ってきてたかもしれません。けど、どれだけ野球が好きであっても、しょせんは野球のシロウト。フロントがオーナーの言うことを真に受けていたら、チームはガタガタになってしまう。福良がGMになるまでのフロントは、まさにオーナーの方ばかり向いて球団を動かしていたと聞きました」

 

30億円補強の失敗を経て、ドラフトと育成に舵切り

 親会社が成長したこともあったのだろう。カネで優勝を買おうとした時期もあったが、うまくいかなかった。

 リーグ2位になった2014年オフ、オリックスはFAを取得した金子(現日本ハム)を「4年20億円」で引き留め、「3年最大12億円」で中島(現巨人)、「3年3億円」で小谷野(現オリックス二軍野手総合コーチ)を獲得。総額「30億円補強」と話題を呼んだものの、翌15年は5位に沈んだ。

 福良GMは19年5月に就任すると、それまで補強頼みだったチーム方針を百八十度転換、「ドラフトと育成」に舵を切った。今季、左腕エースとして13勝をマークした宮城大弥(20)、2ケタ本塁打で遊撃のレギュラーに定着した紅林弘太郎(19)は、いずれも福良GMになってから獲得した高卒2年目の選手。今季18勝でエースの山本由伸(23)にしても高卒5年目、生え抜きの若手が主力に成長したことが好結果につながった。 

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す