体操・村上茉愛は「目立ちたがり屋」と池谷幸雄氏 第二の人生はスポーツキャスター説

公開日: 更新日:

「セカンドキャリアは自分の中で思い描いてるものがあるので、自分の経験を活かして極めて行きたいと思います」

■世界体操「金」で有終の美

 25日、東京五輪体操銅メダリストの村上茉愛(25)が自身のインスタグラムでこうつづった。24日には世界選手権の種目別ゆかで金メダルを獲得。閉会式後、観客の前で現役引退を表明した。

 女子体操界の「顔」として牽引してきた村上の次なる舞台はどこになるのか。「これから私が手助けして、たくさんメダルを取らせてあげたい」と話すなど、指導者への道を歩むといわれているが、「タレントやスポーツキャスターにも関心があるそうです」とは、放送関係者。

「もともと子役をやっていたこともあり、メディアに対する免疫もある。東京五輪前はスポーツバラエティー番組に積極的に出演し、五輪後も何本かの民放のバラエティー番組でMCと軽快にやりとりしていた。明るい性格で受け答えもハキハキしていて視聴者のウケもいいはず。素質は十分ありますよ。東京五輪のナビゲーターを務めた北島康介やニュース番組のスポーツコーナーを担当する寺川綾らメディアで活躍する元アスリートが増えている。村上も、と狙う局も少なくないでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”