体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

公開日: 更新日:

「ポスト村上」が姿を消した。

 世界体操で個人総合予選4位につけ、決勝進出を果たしていた畠田瞳(21)が20日、段違い平行棒の練習中、手放し技「コモア」で落下。首を強打し、中心性脊髄損傷・頚椎打撲と診断された。大会を棄権し、即入院。全治は明かされていないが、今後の競技生活に影響を及ぼしかねない大ケガを負ってしまった。

 畠田は父が1992年バルセロナ五輪団体銅メダリストの好章氏、母も元選手という体操一家で育ったサラブレッド。2019年のユニバーシアードで団体、個人総合、段違い平行棒、平均台で4つの金メダルを獲得した。今夏の東京五輪代表にも選ばれた「次世代エース」。団体では5位に終わったものの、パリ五輪では個人総合でのメダル候補として期待されていた。

 これまで日本の体操女子を引っ張ってきた村上茉愛(25)は今回の世界体操を最後に現役引退を示唆。10月上旬に左足首を負傷した影響で、今大会のエントリーはゆかと平均台の2種目のみに制限した。

 その村上の引退が迫る中、日本勢4人の中でただひとり個人総合に臨んでいた畠田。大会前には「これから村上選手が抜けたりとかもあるし、自分が次のエースになるには個人総合で海外選手と戦っていかないと」と次世代エースの自覚をにじませていただけに、無念の離脱となった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”