V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

公開日: 更新日:

 巨人は首位で甲子園に乗り込んだ9月3日の阪神戦から9勝24敗7分け。16日まで10連敗を喫するなど歴史的大失速で3年ぶりのV逸、23日のヤクルト戦での勝利でようやくクライマックスシリーズに滑り込んだ。巨人はなぜ惨敗したのか。バッテリー、打撃、原辰徳監督(63)の采配3部門を巨人の元コーチ3人が徹底分析した。「バッテリー編」は秦真司氏だ。

 ◇  ◇  ◇

 チーム防御率は3.63でリーグ4位(10月22日現在)。これまで強みだった投手陣が今季は崩れた。

 春のキャンプから「先発投手は中6日で130球を投げて、リリーフ陣の負担を減らそう」と臨んだシーズンだったが、9月に入ると、先発を5人に減らした中4日、中5日制が導入された。そのためのトレーニングをしていないため、総崩れとなった。特に戸郷や山口といった力投タイプは、直球の球威が落ち、決め球のフォークが見極められてしまう。間隔を詰めると持ち味が発揮しにくい。今は東京ドームのマウンドが硬くなっているので、投手陣の負担が大きくなっている。先発の責任イニングがはっきりしていないように見えた。中6日なら最低でも六回までは投げ切ってくれとか、中5日なら何回までとか明確に示した方が、投手は投げやすい。先発に責任を持たせた上で、後から行く投手に心と体の準備をさせて「よし行ける」と自信を持ってマウンドに送り込むことができていたか、疑問である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去