巨人打線は新戦力機能せず…「選球眼」「機動力」でもヤクルト・阪神に負けていた

公開日: 更新日:

 巨人は首位で甲子園に乗り込んだ9月3日の阪神戦から9勝24敗7分け。16日まで10連敗を喫するなど歴史的大失速で3年ぶりのV逸、23日のヤクルト戦での勝利でようやくクライマックスシリーズに滑り込んだ。巨人はなぜ惨敗したのか。バッテリー、打撃、原辰徳監督(63)の采配3部門を巨人の元コーチ3人が徹底分析した。「打撃編」は内田順三氏だ。

 ◇  ◇  ◇

 四球数に注目した。巨人は10月22日現在、419でリーグ2位。一方でヤクルトは493でダントツでリーグトップだ。個人でみてもヤクルトの主砲・村上の102は圧倒的に多い。「選球眼の勝利」といっていい。

 巨人は一年を通じて丸の調子が上がらなかった。打つ前に「ヒッチ」をする動きが大きいため、タイミングが取れなくなると、元に戻すのに時間がかかるタイプ。ボールの見極めもできなくなり、打率.256もさることながら、四球は61と少なく、119三振はチームで最も多い。広島時代から一番の武器は「選球眼の良さ」だった。それが狂ってしまったことを表している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?