フランクフルト鎌田大地がELで“復権ゴール” 森保監督に猛烈アピール

公開日: 更新日:

 森保一・日本代表監督(53)がW杯最終予選4戦目となるオーストラリア戦でチームの基本布陣を4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(FW)から4―3―3に変更。これに割を食ったのが、トップ下のレギュラーだったMF鎌田大地(25=独1部Eフランクフルト)である。

 W杯最終予選序盤で1勝2敗と解任危機を迎えた指揮官は、オーストラリア戦でDFラインの前にボランチ3人を「逆三角形に配置」。中盤を制圧することで難敵を2―1で下した。鎌田はベンチスタート。指揮官は交代枠を4人使ったが、最後まで鎌田にはお呼びがかからなかった。

 このままベンチ要員に格下げとなるのか?

「11月のベトナム、オマーンとの敵地2連戦も4―3―3が予想され、鎌田のスタメン出場はないでしょう。オーストラリア戦の攻撃陣はCF大迫(31)、左サイドアタッカー南野(26)、右サイドアタッカー伊東(28)が先発。たとえば大迫が後半途中に退いて『相手PA内で落ち着いてシュートを放つのが日本代表で一番うまい』といわれる南野がCFに移り、左に鎌田が投入されるパターンはアリです。右サイド伊東のようなタテの突破力はないが、独特のリズムでドリブルしながらゴール前に切れ込んでシュートを放ったり、高いキープ力でラストパスを出せる鎌田は、攻撃にアクセントを加えられる。とても重宝する選手です」(サッカー関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避