フランクフルト鎌田大地がELで“復権ゴール” 森保監督に猛烈アピール

公開日: 更新日:

 森保一・日本代表監督(53)がW杯最終予選4戦目となるオーストラリア戦でチームの基本布陣を4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(FW)から4―3―3に変更。これに割を食ったのが、トップ下のレギュラーだったMF鎌田大地(25=独1部Eフランクフルト)である。

 W杯最終予選序盤で1勝2敗と解任危機を迎えた指揮官は、オーストラリア戦でDFラインの前にボランチ3人を「逆三角形に配置」。中盤を制圧することで難敵を2―1で下した。鎌田はベンチスタート。指揮官は交代枠を4人使ったが、最後まで鎌田にはお呼びがかからなかった。

 このままベンチ要員に格下げとなるのか?

「11月のベトナム、オマーンとの敵地2連戦も4―3―3が予想され、鎌田のスタメン出場はないでしょう。オーストラリア戦の攻撃陣はCF大迫(31)、左サイドアタッカー南野(26)、右サイドアタッカー伊東(28)が先発。たとえば大迫が後半途中に退いて『相手PA内で落ち着いてシュートを放つのが日本代表で一番うまい』といわれる南野がCFに移り、左に鎌田が投入されるパターンはアリです。右サイド伊東のようなタテの突破力はないが、独特のリズムでドリブルしながらゴール前に切れ込んでシュートを放ったり、高いキープ力でラストパスを出せる鎌田は、攻撃にアクセントを加えられる。とても重宝する選手です」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去