内村航平が種目別「鉄棒」決勝進出で存在感アピール! 五輪「団体金」奪還目指す代表監督の有力候補に

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(福岡・北九州市)は21日、女子個人総合決勝を行い、東京五輪で日本の村上茉愛(25)と銅メダルを分け合ったアングリナ・メルニコワ(21=ロシア連盟)が4種目合計56.632点で優勝した。日本勢で唯一、決勝に進出した畠田瞳(21)は20日の練習で首を負傷して棄権した。

 今大会、男子では東京五輪王者の橋本大輝(20)らのメダリストが順当に決勝進出を果たす中、存在感をアピールしているのが、絶対王者として君臨した内村航平(32)だ。20日の種目別鉄棒予選を5位で通過。人数の上限がない有観客での開催とあって、プロとしてのファンサービスも忘れず、スタンドに自身の直筆サイン入りのTシャツを投げ入れるサプライズを演出して客席を沸かせた。

 東京五輪では種目別鉄棒で落下し、予選敗退。元絶対王者も衰えを隠せず、国際大会への出場は今回の世界選手権が最後とみられるが、次回2024年パリ五輪は監督として代表チームに名を連ねることになりそうだ。

 東京五輪が延期されたたため、日本協会は3種目(新体操、男女トランポリン)とも監督の任期を延長。各種目の代表監督人事は今回の世界選手権終了後に順次、決定する方針だ。男子体操の次期監督には内村が有力候補のひとりに挙げられているという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”