エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

公開日: 更新日:

 周囲に与えたインパクトは大きかった。

 大谷翔平(27=エンゼルス)が今後について聞かれ、「ファンも球団の雰囲気も好きだが、それ以上に勝ちたいという気持ちが強い」と答えたことだ。


 ベーブ・ルース以来の本格的な二刀流で全米を席巻した選手が、いまのチームは気に入っているけれども、なによりも勝ちたいと心境を吐露。移籍志願とも受け取れる発言をしたのだから、ネット裏は騒然。マドン監督が退団を望んでいるという意味ではないと火消しにやっきなら、大谷発言に腰を浮かせた老舗名門球団があるともいわれている。

■300億円規模の長期契約

 そんな中、当のエンゼルスは、大谷の引き留めに自信を持っているという。早ければ今オフにも総額200億~300億円規模の長期契約を結ぶことを視野に入れているとの報道もあったが、エンゼルスの勝算の裏には二刀流選手ならではの特殊な起用法があるようだ。

 編成責任者のミナシアンGMには、“大谷を二刀流選手としてうまく機能させているのはエンゼルスだから”という自負があるという。

先発ローテはメチャクチャ

 例えば、大谷の登板間隔は最低でも中5日。となると先発が6人必要になるうえ、大谷は体調次第で中6日やそれ以上の登板間隔が必要になるケースもあるから、他の先発のローテが一定ではないどころかメチャクチャになってしまうことも。

 野手としても守備に就かない大谷は、DHの枠を独り占めすることになる。

「大谷の登板間隔が定まらないシワ寄せは他の先発陣にいく。日本ハム時代には急きょ、登板日が変更されて泡食った先発もいたと聞きました。野手としてもDHをほぼ独占するので、他の主力野手を休養させることができなくなってしまう。今季はトラウト、レンドンの主砲2人がケガで離脱したため、さほど大きな問題にはならなかったが、2人が復帰するであろう来季はやりくりが必要になる。マドン監督が来季、大谷を外野手としても起用したいと三刀流を示唆したのも、そんな事情があるからなのです」(現地特派員のひとり)

■チームによってはマイナス

 いずれにせよ、大谷の二刀流にはさまざまな制約が生じる。二刀流が看板になっているエンゼルスなら可能でも、他のチームで同様の起用ができるとは限らない。要は「大谷中心のチーム」でなければうまくいくはずがないと、エンゼルスはみているのだろう。

 実際、ヤンキース、レッドソックス、ドジャースなどは、すでにスター選手がてんこ盛り。大谷が加入したがゆえにローテがぐちゃぐちゃになるようなら、間違いなく波紋が生じる。野手としても、中軸を打つスター選手の休息の場でもあるDHを大谷が独占するようなら、彼らは黙っていないだろう。

 今季は投げて9勝、打者として46本塁打。一人二役で、先発投手かつ中軸打者として文句ない成績を残せるとしても、だからといって、どんなチームにもフィットするわけじゃない。大谷ひとりが好成績を残しても、さまざまな制約のある二刀流選手の加入によって内部に波紋が生じ、チームによってはむしろマイナスに作用するケースもあるということだ。

 エンゼルスは二刀流起用の難しさを嫌というほど知っているだけに、大谷を使いこなせるのはウチだけとソロバンをはじいているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…