武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭は世界ランク53位 10年ぶりにあり得る「予選スタート」は逆にプラス

公開日: 更新日:

 4大大会を終えて、テニスツアーはシーズン終盤へと入った。フェデラー、ナダルは既に今季の活動を切り上げ、全米で年間グランドスラムを逃したジョコビッチも休養を取り、ツアーファイナルまで動きそうにない。30代後半に入った3強が現役を諦めたわけではなく、来季を睨んでの充電と考えた方がいい。とはいえ、メドベージェフ(25)、チチパス(23)、ズベレフ(24)を中心に新世代の台頭は急ピッチに進んでいる。錦織圭はどうなるか。

 現在開催中のインディアンウェルズ・マスターズは2回戦でD・エバンスに逆転負けに終わった。「凡ミスが多く主導権を取れなかった」と振り返る。もともとこの大会の遅いサーフェス、使用球との相性はよくなかったから、さばさばした表情だった。

 今季は地元開催のオリンピックイヤーを乗り切りつつ、手術明けからの立て直しというのが目標だった。東京五輪を8強入りで無難にこなし、直後のワシントン(500)ではベスト4、全米でもジョコビッチから第1セットを奪うという手応えをつかんでいる。全米後に腰を痛めたのは疲れがたまったためだろうが、ほぼ順調と言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に