楽天オコエは首筋寒っ! 高校生外野手2人ドラフト上位指名で崖っぷち

公開日: 更新日:

 常識にとらわれない独自指名に、首筋が寒くなったんじゃないか。

 11日に行われたドラフト会議で、他球団をあっと言わせたのが楽天だ。1位指名で外野手の吉野(昌平高)を一本釣りすると、2位の捕手・安田(愛知大)、3位も外野手・前田(三島南高)と、いずれも野手の上位指名となった。上位3人中、投手を指名しなかったのは楽天のみだ。

 その意図はともかくとして、これでいよいよ立場が危うくなったのが高卒6年目のオコエ瑠偉(24)だ。

 関東一高から2015年ドラフト1位で入団。同年夏の甲子園でその俊足ぶりが話題となり、一躍スターに。しかし、入団後は奇抜な髪形や高級車の購入など素行面ばかりが話題となり、鳴かず飛ばず。一軍出場がゼロだった昨季の契約更改では石井GM(現兼任監督)から「考えが甘く、自己評価が高過ぎる」とダメ出しされた。

 今季は初昇格した8月こそ打率.279と結果を出したものの、右肩下がり。出番も減り、もっか打率.223だ。

「オコエとポジションがかぶる吉野、前田はいずれも高校生。即戦力ではないにせよ、楽天が『オコエを育てる』という方針なら、ああいう指名にはなりませんよ。となれば、トレードの可能性も十分ある。何だかんだで話題性があり、今季成長の兆しも見せた。欲しがる球団は多いだろうし、オコエをタマにすれば、それなりの選手も獲得できる。楽天はトレードを積極的に行っているチーム。ベテランが多く、近い将来、手薄になりかねない先発投手との交換を狙っているのでは? と予測します」(パ球団編成担当)

 再びグラウンドで躍動する姿を見たいものだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」