北京五輪は大丈夫? 欧州のアルペン、ジャンプ選手が競技場を不安視

公開日: 更新日:

 心配はもっともだ。

 夏季五輪ではメダル量産の中国も冬季大会はさほど目立たない。これまで金メダルは13個。うち10個はショートトラックだ。最多メダルは2006年トリノと10年バンクーバーの11個。母国開催の北京大会では、最低でも20個のメダルは欲しいところだ。

 そんな中国の強化拠点のひとつがフィンランド。同国ボカティにある五輪トレーニングセンターなどの施設で、現地指導者からジャンプやフリースタイルスキー、スノーボードなどの指導を受けている。

 現地関係者が言う。

「中国がメダルを狙っている競技は実績のあるショートトラック、フリースタイルスキーのエアリアル、スピードスケート、カーリング、フィギュアのペアです。冬季五輪の花形であるアルペンスキーのほか、ジャンプ、複合は勝負になりません。そういう事情もあって、欧州のアルペンやジャンプの選手は競技場に不安を持っている。施設建設については、国際競技連盟が指導や視察をしているが、ひとつのミスが命にさえ関わるので、選手は現地で早く滑りたいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!