勝みなみ日本女子OP圧勝で今季賞金1億円突破! 気になる“実際の稼ぎ”と黄金世代のホクホクぶり

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】最終日

 今年も「黄金世代」だった。

 国内女子ゴルファーの頂点を決める大会を制したのは23歳の勝みなみ。1打差の通算9アンダー単独首位発進から、終わってみれば後続に6打差をつける通算14アンダーの圧勝だった。

「今年はメジャー大会に勝ちたいと思ってやっていたので、本当にうれしいです」

 インタビューで笑顔を見せた勝は優勝賞金3000万円を手にし、2020-21年シーズンの獲得賞金は1億円の大台に乗り、ランク7位にアップした。

 勝は高1で出場した14年のバンテリン女子ゴルフでツアー史上最年少の15歳293日で優勝。高校卒業までアマチュアで通し、17年のプロテストに合格した。プロデビュー戦の前には「初賞金が入ったら通帳を見てニヤニヤしたい」と語っていた。

 あれから4年。112試合の獲得賞金は約2億4500万円にもなる。

 勝は女子プロ界を席巻する、いわゆる黄金世代だ。1998年度生まれの同い年には、16、17、19年大会覇者の畑岡奈紗(22)、昨年優勝の原英莉花(22)、もっか賞金ランク2位の小祝さくら(23)、今大会5位の渋野日向子(22)らがいる。

優勝ならスポンサーからボーナスも

 彼女たちの生涯獲得賞金を見ると、畑岡は日米ツアーで7億円を突破。原も国内97試合で約2億円。渋野は国内49試合で約1億8700万円以外に、19年全英女子オープンVの約7200万円や昨年の全米女子オープン4位の約2780万円などがある。

 今大会予選落ちの小祝(124試合)は約3億3000万円。上場企業の大卒サラリーマンの生涯賃金は3億~4億円といわれるが、彼女たちはこの若さで、すでにそれ以上か、同等の稼ぎがあるのだ。

 あるツアー関係者は「その金額はあくまでもツアーの賞金額に過ぎません」と言って、こう続ける。

「例えば、勝は明治安田生命の所属で、スポンサーには日本航空やチャンピオン(ウエア)、ダンロップスポーツ(用具)などがついている。契約内容の詳細はわかりませんが、スポンサーは契約金のほかに、優勝賞金に応じたボーナスを出すところもある。勝の実際の稼ぎは、獲得賞金の2倍以上はあると思います」

 ちなみに、学年では1つ下の稲見萌寧(22)は現在賞金ランクトップ。生涯獲得賞金は68試合で約2億8000万円。今年は東京五輪銀メダルの報奨金1000万円の臨時ボーナスもあった。この日2位の西郷真央(42試合)はツアー未勝利でも、プロ2年目の19歳にして約1億2250万円も稼いでいる。

 女子プロの生涯獲得賞金トップは通算50勝の不動裕理(44)で13億6800万円。大坂なおみの昨年の稼ぎ(約66億円=ツアー賞金+スポンサー収入)にはかなわないものの、大卒程度の年齢でこれほど稼げる女子のプロスポーツは国内にはない。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”