巨人・原監督が捕手・大城を一塁起用…V争い生き残りへ“最後の手段”

公開日: 更新日:

 9月は6勝14敗5分けと大きく負け越した3位巨人は1日、中田翔(32)の出場選手登録を抹消した。

 9月11日に不振で登録を抹消された。同21日の広島戦から一軍に再昇格したものの、以降9試合に出場し、24打数2安打、打率.083、1本塁打とサッパリだった。8月に無償トレードで加入後は64打数8安打、打率.125。移籍後2度目の二軍落ちとなる。

 中田に代わって一塁に入ったのは、捕手の大城卓三(28)。一塁でのスタメン出場は4月10日の広島戦以来だった。

 大城は2点を追う六回無死一、二塁で右前打を放ち、無死満塁にチャンスを広げると、丸がチームにとって24イニングぶりの得点となる左前への2点打で同点。エース菅野の負けを消した。

「原監督は『今季は大城を正捕手として固定して戦いたい』と言って開幕したが、いざ打線が滞ってくると、一塁で使いたがる。4月のスタメン起用も前日まで9試合連続3得点以下という貧打にあえぐ打線のテコ入れのためだった。大城を打撃に専念させるのは、原監督の『最後の手段』ともいえる起用法です」(チーム関係者)

 今季の一塁は、スモークや中田といった補強組が代わる代わる守ったが、結局誰も定着できず、4月と同じように大城にお鉢が回ってきた。大城は4打数2安打で起用に応え、巨人は連敗を5で止めたものの、もし機能しなくなったら、原監督は万策尽きることになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》