大谷翔平をMLB公式サイトが“超優良企業”と称賛!メジャー初「45HR・8三塁打・25盗塁」の偉業

公開日: 更新日:

 リアル二刀流の大谷翔平がまたひとつメジャーの歴史に名を残した。

 日本時間1日のレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、5打数2安打1打点。最終第5打席で、左翼へ高々と上がった打球はフェンス手前で失速、8試合ぶりの一発は出なかったが、逆方向に打球が上がるようになったのを見ると調子は上向きつつあるのかもしれない。残り3試合での本塁打王獲得に全力を注ぐ。

 一回無死一塁で相手の先発右腕オットから、右越えの適時三塁打。メジャートップタイとなる8本目の三塁打を放って今季99打点目とし、日本人野手では松井秀喜以来、2人目の100打点に王手をかけた。

 今季は投手として9勝(2敗)に終わり、1918年のベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」こそ逃したものの、そのルースですら成しえなかった偉業を達成した。

 メジャーの長い歴史の中で「45本塁打、8三塁打」をクリアしたのは、わずか9人のみ。ルース、ウィリー・メイズ、ルー・ゲーリッグら往年の名選手が名を連ねるが、大谷はメジャー史上初の「45本塁打、8三塁打、25盗塁」を成し遂げたのだ。大リーグ公式サイトは「ルース超え」を果たした大谷を「超優良企業」と持ち上げている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質