大谷翔平が味方の拙守に呆れ顔…怒りのバット叩きつけに続く“らしからぬ行動”はキケン

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)に似つかわしくない言動が目立っている。

 日本時間29日のレンジャーズ戦の七回。左翼ゴセリンが打球を後逸(記録は三塁打)してピンチを招くと、ベンチの大谷は頭を抱えた。捕球していれば、単打で済んでいただけに、味方の拙守に呆れるしかなかったようだ。

 ここにきて大谷は、ベンチで怒りをあらわにするシーンが増えた。7回1失点と好投しながら10勝目を逃した27日のマリナーズ戦の七回裏に自軍の打者が凡退に倒れると、バットを叩きつけて感情を爆発させた。同日の試合後の会見で「このままでは(来季以降も)勝てないのではないか」と話したことからも、現有戦力に物足りなさを感じているのは明らかだ。「周りを左右するのはとても難しいこと。それは自分というよりはフロントだったり、首脳陣の分野だと思う」と、戦力の上積みを要求するのはともかく、同僚のミスに目くじらを立てるのは控えたほうがいい。

 今季の大谷は投打にわたる活躍が評価され、チームのMVPと最優秀投手に選ばれた。シーズンを通して孤軍奮闘してきたとはいえ、大谷自身も早々とKOされたり、好機で凡退するのも珍しくなかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質