松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

うぬぼれ、自画自賛、場所を私物化…横綱白鵬は安倍晋三そっくりだ

公開日: 更新日:

 白鵬が引退するらしい。ホントかな?

 当初、部屋を取材すると親方は何も答えなかったそうだ。そらそうだろう。白鵬が親方に自分の身の振り方を相談したという話は聞いたことがない。「来場所に進退を懸けるつもりで臨む」と親方が言ったら弟子の白鵬が「誰がそんなこと言った!」と激怒したので撤回したぐらいだぞ。「白鵬引退か?」と聞いて親方に取材するスポーツ記者の神経を疑う。道を歩いてる人に「白鵬引退ってホントですか?」と尋ねるようなもんだ。道を歩いてる人は何も答えないだろう。そらそうだ。横綱通算勝ち星900勝まであと1勝だというじゃないか。もう体がボロボロとか言いながら、「引退を決意か?」と騒がれて「誰がそんなこと言った!」とたけり狂って、来場所あたり「治ったよ」とまたゾンビのように出てくるかもしれんぞ。

 この未練がましさは安倍晋三にそっくりだ。体が激務に耐えられないと総理の座を放り出して、ちょいと休んで「もう大丈夫」と出て来ちゃ在任最長を更新してうぬぼれ、自画自賛し、政治を私物化する。

 桜を見る会で一句ひねって、

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾