渋野日向子の揺るぎないプライド 下部ツアーからでも米挑戦表明でエンジンかかるか

公開日: 更新日:

【ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン】第1日

「あれは自分を鼓舞するためですよ」

 あるツアー関係者がこう言ったのは、来季からLPGA(米女子)ツアー参戦を狙う渋野日向子(22)のコメントのことだ。

 首位に2打差の4アンダー6位タイで初日を終えた渋野は前日会見で、LPGAツアーの予選会(QT)に落ちた場合、米下部ツアー(シメトラツアー)に参戦する意向を明かした。

 米PGAツアー復帰を目指す石川遼(30)も、米下部ツアー「コーンフェリーツアー」の来季出場を目指し10月に2次予選会に出場すると語り、それを見習ったようだ。

「渋野は11月下旬の予選会で20位以内に入れず、出場権が得られなければ下部のシメトラツアーに回るわけだが、LPGAツアーでも客入りが悪いのに、下部ツアーはさらに注目度が低い。コロナ禍でなくても試合会場はギャラリーがチラホラ、寂しいものです。国内ではメジャー優勝者ですから、どこにいても注目される。渋野はギャラリーの応援を力に変えるタイプですからね。シメトラのレベルは年々アップしているので参戦は勉強になるとは思いますが、本音は絶対に行きたくないでしょう。『予選会でコケたら下部ツアーは選択肢にある。ネガティブな思いはない』という発言は、何としても20位以内に入って畑岡(奈紗)や笹生(優花)がプレーするLPGAに行くという、強い気持ちの裏返しです」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号