阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

公開日: 更新日:

「勝っても負けても巨人戦はインパクトが強いからね」

 こう語るのは古参OBだ。今季が契約最終年の矢野燿大監督(52)は16日、藤原崇起オーナー兼社長(69)から来季の続投を要請された。

「3位、2位と来て、今年はこれだけ長い(間)1位をキープして、今も1位でいるわけですから、進化しているということだと思います」と、手腕を評価されたわけだが、一方で、阪神は日本一“外野”がうるさい球団だ。「シーズンも終盤に入り、16年ぶりの優勝が見えている大事な時期に、監督の去就問題があれこれ取り沙汰されたらチームにとってマイナスです。雑音封じのためにフロントが先手を打ったのです」(在阪テレビの関係者)と見る向きもある。

■外野の声を無視できない

 冒頭のOBは「しかし、気になるのは6試合残っている巨人戦です」と、こう続ける。

「オーナーがああ言っているのだから、続投がひっくり返ることはないだろう。ただし、いくら球団が先手を打っても、最終的に阪神のフロントは外野の声を無視できない。手のひら返しはよくあること。前年、新たに複数年契約を結び、続投が決まっていた金本前監督が電撃解任されたのは記憶に新しい。フロントは今、残る巨人戦にピリピリしているはずです。阪神が1985年、2003年、05年に優勝したときは、すべて巨人に勝ち越しての“完全優勝”だった。今季の対戦成績はくしくも9勝9敗1分けの五分だが、残る6試合はすべて敵地の東京ドーム。24日からの3連戦でまさかの3連敗や、もしくはベンチワークのミスで負け越したとする。天王山となりそうな最後の3連戦(10月12~14日)も完敗し、終盤の息切れで優勝を逃すようなことになれば、それこそファンもメディアも黙ってはいないでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!