森保ジャパンW杯へ正念場の10月サウジ戦・豪戦へ 六川亨氏の“推奨銘柄”はこの3選手

公開日: 更新日:

 カタールW杯アジア2次予選を「8戦全勝・46得点・2失点」で突破した森保ジャパンだが、最終予選で相手のレベルが上がった途端に<脆さ>を露呈してしまった。

 初戦のオマーン戦は攻守のバランスが悪く、後半から投入されたFW古橋亨梧(26=セルティック)、MF堂安律(23=PSV)、MF久保建英(20=まじょるか)も効果的なカンフル剤にはならず、0―1のスコア以上の完敗に終わった。

 2戦目の中国戦で勝ち点3をゲットしたが、攻守に精彩を欠いた中国相手に攻めあぐむ場面も多く、1―0で逃げ切るのがやっとの体たらく。

「10月7日にはサウジアラビアとアウェーで対戦し、12日にはホームにオーストラリアを迎え撃ちます。強豪相手の正念場を黒星なしで切り抜けないとW杯出場が苦しくなる。そこで<10月ラウンドに呼んでほしい>未招集選手です」

 と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「ベルギーでプレーしているMF三笘薫(24=サンジロワーズ)は、東京五輪メキシコ戦で得意のドリブル突破で相手を翻弄。見事なゴールを決めた。日本代表の攻撃陣にはパサーが多く、三笘のような得点力のあるドリブラーは貴重です。攻撃にアクセントを付けるためにも、10月2連戦は代表入りさせてほしい」

遠藤航とコンビを組ませたいMFは?

 さらに「左サイドからカットインしてからの右足シュートが持ち味のMF中島翔哉(27=ポルティモネンセ)も強力な武器になる」と六川氏。

「中島は所属先だった東京VやFC東京、年代別代表やA代表で全体練習が終わった後もボールを離さず、ひとりでリフティング、ドリブル、そしてカットインしてからシュートを延々とやっている。あれほどシュートとゴールに貪欲な選手もいない。必ず森保ジャパンの得点力アップに貢献してくれる」

 守備系選手からは「今季前にドイツ・デュッセルドルフに新天地を求めたMF田中碧(23)に期待する。A代表の正ボランチMF遠藤航(28=シュツットガルト)とコンビを組ませたい。田中の武器は、周囲の敵味方の立ち位置、動きを冷静に把握した上で適切なポジショニングを即座に取れるところです。ボールを的確に集散させる能力の高さも出色。ドイツのデュエル王・遠藤と一緒に存在感を見せつけてほしい」と、六川氏の<推奨銘柄3人衆>の活躍で10月の難敵2チームを圧倒してもらいたいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号