大谷翔平は来季も“報復の標的”に…死球騒動がエンゼルスとWソックスの因縁に発展

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)への死球が両球団による遺恨に発展しそうだ。

 日本時間17日のホワイトソックス戦の九回、相手の6番手右腕ライトから右ふくらはぎに死球。審判団による協議の末、ライトに退場処分が下り、これに猛抗議したラルーサ監督(76)も退場を宣告された。エ軍投手陣はホワイトソックスとの3連戦初戦で主力アブレイユらに3死球を与えており、アンパイアは報復死球と判断したようだ。

 二刀流への死球に日頃、冷静なマドン監督(67)も激昂。「あれは報復だ。間違いないね」と珍しく声を荒らげた。

 ぶつけられた大谷は大事には至らず、出塁すると相手のシーツ一塁手と肩を組んで談笑するなど、意に介さずといった様子だったが、球団同士となれば話は異なる。メジャーでは年をまたいでも前年のトラブルを引きずり、報復に出るのは珍しくないからだ。

 ラルーサ監督は昨季までエ軍のシニアアドバイザーを務めていたこともあり、両軍のベテラン指揮官は親交が深い。旧知の間柄とはいえ、売られたケンカに及び腰ではチームの士気にも影響しかねないだけに、来季も両軍による報復合戦が展開されそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?