大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

公開日: 更新日:

「(チームは)ポストシーズンを狙える位置にいないですし、モチベーションを高く維持していくのはチームとしても個人としても難しい」

 エンゼルス・大谷翔平(27)は、レギュラーシーズン残り約1カ月となった今月上旬、こう言って複雑な心境を吐露している。

 エ軍はシーズン開幕早々から故障者が続出。中でも大谷以外は勝ち星を計算できない投手陣は崩壊状態だ。前半戦中盤には早くもポストシーズン(PS)進出が厳しくなった。

 日本時間15日現在、ア・リーグ西地区首位のアストロズから14ゲーム差の4位と低迷。地区優勝はもちろん、ワイルドカード(WC=2位以下の最高勝率2チーム)によるPS進出も絶望的だ。

 チームは主力選手を相次いで放出、若手を積極的に起用している現状に、大谷は「来季を見据えた戦いになるので、一試合一試合大事にやっていくしかない」と努めて前向きに話してはいた。

■モチベーションは雲泥の差

 そこへいくと、44本塁打の大谷を追い抜く45号を放ったゲレロ(22)のブルージェイズは首位レイズと9ゲーム差のア・リーグ東地区2位タイながら、ヤンキース、レッドソックスと三つ巴の熾烈なWC争いを繰り広げている。

 ゲレロが直近10試合で6本塁打と爆発、打率.317(リーグトップ)、103打点(リーグ3位)と三冠王を狙える位置につけているのは、2年連続PS進出がかかっているチーム状況と無関係ではない。「モチベーション」は大谷と雲泥の差なのだ。

 大谷は投げて9勝(2敗)。走ってもリーグ4位の23盗塁。まさに八面六臂の活躍を見せているものの、それがチームの勝利に結び付かない。

 チームが弱くても、マイペースで個人成績だけを追い求める選手も中にはいる。チームが毎年のように最下位争いをしているのに、淡々と安打を量産し続けた日本人選手もかつてはいた。選手はあくまで置かれた環境でベストを尽くすべきであっても、簡単に割り切れるものではない。大谷が「モチベーションを高く維持していくのはチームとしても個人としても難しい」と嘆くのも、ある意味、もっともなのだ。

「世界一になるのが一番」

 大谷は「いい成績を残してポストシーズンに勝って、世界一になるのが一番の目標」と言ったことがある。

 野球がチームスポーツである以上、選手の最大の目標はワールドシリーズに勝つことだ。渡米して4年目。個人的に「いい成績」を残しているのに、世界一はおろか、ポストシーズンすら見えてこない。「モチベーションを高く維持するのが難しい」ことはゲレロとの大きな違いだし、それゆえ9月に入って2本塁打という失速を生んでいるのかもしれない。

 メジャー入りする時点では、アメリカでも二刀流を継続することが大前提。9月に「モチベーションを高く維持」できるかどうかという以前の問題だった。

 メジャーで投打の本格的な二刀流は、かのベーブ・ルース以来。日本で投打に優れた力を発揮していただけにあまたの球団が獲得に名乗りを上げたものの、二刀流には懐疑的な見方をするところがほとんどだった。だからこそ大谷は自分を長い目で見て起用、辛抱強く二刀流で使い続けてくれそうな球団に行こうと考え、ファンやメディアがシビアで、すぐに結果を求められる大都市の常勝球団を嫌ったのだろう。大谷との2次選考の面接にすら進めなかったヤンキースのキャッシュマンGMは、「我々がビッグマーケットをもっていて、東部にあることは変えられない。この街やファンには誇りをもっている」とコメント。それなら西海岸か小規模都市でプレーすればいいじゃないかと言わんばかりの捨てゼリフまで吐いた。

■入団時と異なる二刀流の評価

 しかし、打者として本塁打王を争い、投手として2ケタ勝利に王手、ベーブ・ルースの「2ケタ本塁打に2ケタ勝利」を103年ぶりに達成しようかといういまは、メジャーの大谷に対する評価は百八十度異なるし、本人も二刀流に自信をもったに違いない。個人で「いい成績」を残したのだから、あとは「ポストシーズンに勝って世界一」になることを考えるのではないか。

 このまま順調にいけば、メジャー4年目の大谷がFA権を取得するのは再来年になる。ここまで3年間、チームはいずれも負け越して西地区4位。そして今季も、同じように低迷している。プレーオフ進出のかかったライバルが勝負どころで本塁打を量産する姿に、改めてモチベーションを維持する難しさを痛感したはずだ。エンゼルスがこのまま低空飛行を続けるようなら、4年目のオフには手を挙げて他球団に移籍する可能性も出てきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?