不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

公開日: 更新日:

 15日のDeNA戦で巨人丸佳浩(32)がスタメンから外れた。

 9月に入って33打数2安打、月間打率は.061。試合前まで15打席無安打だった4番・岡本らと早出特打を敢行したものの、六回に代打で登場し、三振に倒れた。この日は亀井善行(39)が左翼に入り、松原が前日の右翼から中堅に。右翼には新外国人のハイネマンが入った。5番の亀井は4打数1安打でフル出場した。

 11日に二軍落ちした中田翔(32)に代わって主に一塁を守っているのは、こちらも39歳の中島宏之だ。8月から打撃好調。ここ3試合は無安打ながら、試合前まで打率.296、得点圏打率.422と貧打にあえぐ打線の中で存在感を示していた。この日は2タコだった。

 巨人OBで中大監督も務めた高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「この日の外野陣だと、ハイネマンは獲得したばかりの新外国人だから使いたいだろうし、松原はレギュラー扱い。問題は亀井のところです。外野の守備力が高いから、困った時に使いたくなるのでしょう。中大出身だから厳しく言うと、亀井が先発しているようでは厳しい。せっかく不動のレギュラーである丸がスキを見せている時に、若手が出てこないのは寂しい限りです。中田の代わりに中島が出ているのもそう。北村(拓己=26)が七回表の守備から一塁に入ったが、本来なら先発で出て欲しい」

亀井自身もチームの現状をチクリ

 そういえば以前、亀井自身もこんなことを漏らしていた。

「40歳近くまで現役でプレーさせてもらって、こんなに幸せなことはない。毎年レギュラーを取りたいし、プロとして毎日出番に備えて準備をするのは当たり前。でも、ここ数年はボクが出ているようじゃダメ。もっと若手が出てこないと巨人はやばい。もっと突き上げてこいよって思うんです。お父さん目線というかコーチ目線というか……。そうじゃないとチームは強くなりませんから」

■阿部次期監督候補も頭を抱えている?

 原監督が前回、高橋由伸に監督を禅譲した2015年も似たような状況だった。こちらも中大出身で「次期監督候補」とされる阿部慎之助二軍監督(42)は、いつまでもアラフォーのベテランが重宝される一軍の現状をどう思うだろうか。

 巨人は最終回に3点を取ってDeNAにサヨナラ勝ち。DeNA戦の連敗を6で止めた原監督は「土壇場で粘り強く戦った。なかなか追い付けなかったけど、最後に追い付き、追い越せた」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号