二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間15日のホワイトソックス戦に「2番・DH」で出場。4打数ヒットなし、3三振だった。

 前日、45号本塁打を放ち、大谷を抜いて単独トップに立ったブルージェイズのゲレロ内野手(22)も、この日レイズ戦での一発はなかった。ただ、ロイヤルズのペレスがアスレチックス戦で43号を放ち、大谷に1本差で迫った。

 ◇  ◇  ◇

 今季、投打の二刀流として結果を残している大谷に対し、ホ軍投手陣は冷ややかな視線を送っている。

 中でもエース右腕のランス・リン(34)はアンチ大谷の急先鋒的な存在だ。ここまで10勝(4敗)をマークし、サイ・ヤング賞の有力候補でもあるベテラン右腕は、今年の球宴で大谷が史上初めて二刀流で選出された際、地元メディアに持論を展開。大谷が球宴でア・リーグの先発投手を務めることに「一般的な先発投手に比べて半分ちょっとのイニングしか投げていないオオタニが球宴の先発を務めるのはベストな選択ではない」と、ア・リーグの指揮を執ったレイズのキャッシュ監督の人選に真っ向から反論した。

 メジャーの先発投手は中4日のローテーションでマウンドに上がるため、エース級ともなれば、前半戦だけで19試合、計100イニング以上に達するケースもある。リンは前半戦、16試合、計90回3分の2を投げた。投打の二刀流をこなす大谷が13試合、計67回にとどまったのは、一般的な先発投手に比べて登板間隔を空けて余裕を持ってマウンドに上がるためだ。投手に専念しているスターターよりも登板試合数やイニングが限られるのは仕方がないことだが、プライドの高いメジャーの投手の中には、面白くないと思う連中もいるのだ。そんな大谷がサイ・ヤング賞候補にも挙げられているからなおさらだろう。

ホワイトソックスの同僚も同調

 リンが球宴時に大谷を批判したのは単なる難癖、二刀流へのやっかみでしかないが、当時のホ軍にはベテラン右腕に同調する投手が少なくなかったという。

 二刀流に対するリンの見方の正否はともかく、ホ軍投手陣は大谷に対して決して好意的ではないのは確かなようだ。メジャーを代表する名将のひとりとして知られるホ軍ラルーサ監督は「唯一無二のアスリートだ。これだけ投打にたけた選手は見たことがない」と持ち上げているが、対戦となれば話は別。ホ軍はア・リーグ中地区優勝までのマジックを9としており、すでに消化試合に入ったエ軍相手に星を落とすわけにはいかない。今季、申告敬遠はリーグ3位の16個と多用しており、一塁が空いている場面では一発のある大谷を歩かせるのは必至だ。

 今回の3連戦でリンはローテの関係で登板しないものの、大谷を快く思わないホ軍投手陣による厳しい内角攻めにさらされ、死球禍に遭う可能性もある。13年ぶりの地区優勝がかかっているだけに、目の色を変えて抑えにくるのは確実だ。

 大谷はベンチでリンが戦況を見守る中、バットで黙らせるしかない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?