ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

公開日: 更新日:

 エースでも勝てなかった。

 14日、4位ソフトバンクが首位ロッテに敗れた。1―1の同点で迎えた八回2死満塁の場面で、好投していた先発の千賀がレアードに勝ち越しの2点適時打を許した。チームはこれで46勝48敗18分けの借金2となり、ロッテとのゲーム差は7.5に開くとともに、自力優勝の可能性が消滅した。

 優勝に黄色信号がともった。12球団屈指の戦力と資金力を擁するソフトバンクは、現時点で19年から3年連続リーグトップとなるチーム防御率3.26をマーク。打撃成績はやや他球団と比べて落ちるとはいえ、これでV逸するようなら、日本シリーズV4という実績があっても、今季契約最終年を迎える工藤監督の進退問題が浮上してもおかしくない。

「ポスト工藤」の候補のひとりが今季から古巣に復帰した元侍ジャパン監督の小久保ヘッドコーチ。次期監督就任は既定路線との声もあるが、王球団会長付アドバイザーを務める城島健司氏の動向次第では、一気に「ポスト工藤」の最右翼に浮上する可能性があるという。

 城島氏は、王会長の肝いりで2020年、15年ぶりに古巣復帰した。阪神時代に現役引退後、王会長が何度かコーチの打診をしたが、首をタテに振らなかった。それでもなんとかチームに関わってもらうための一手として、アドバイザーという肩書を用意した。ホークスOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか