フィギュア紀平梨花の北京五輪表彰台に暗雲…ロシア10代3人娘がテスト大会で見せた脅威の完成度

公開日: 更新日:

 来年2月開幕の北京冬季五輪で表彰台独占を狙う女子フィギュアスケートのロシア勢が新プログラムを披露した。

 国内のテスト大会(チェリャビンスク)が12日まで行われ、2019年のGPファイナルを席巻したアリョーナ・コストルナヤ(18)、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワ(ともに17)の10代3人が注目を集めた。

 今年3月の世界選手権3位でジャンプを得意とするトルソワは大技の精度を上げ、4種類の4回転ジャンプを5本挑み、全て着氷。テスト大会ながら、女子では難しいとされる構成をあっさりとクリアした。世界女王のシェルバコワはフリーの新プログラム「巨匠とマルガリータ」を披露し、「まだ試作段階」としながらも、持ち前の演技力の高さをアピール。GPファイナル女王コストルナヤは精度の高いトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど、安定したスケーティングを見せた。

 今季のGPシリーズ開幕(アメリカ大会=10月22日~)を前に、女子のトップスケーター3人が、それぞれ持ち味を披露したのだ。

今季からオーサー氏に師事するが…

 このロシア勢の対抗馬と目されるのが、全日本選手権連覇中の紀平梨花(19)だ。18年GPファイナルを制したこともある日本のエースは、これまでジャンプと表現力が課題とされてきた。北京で表彰台を狙う紀平にとってスケート技術も含めて、技の引き出しが豊富なロシア勢が立ちはだかるのは間違いない。

 紀平は今季から五輪2大会連続金メダルの羽生結弦(26)ら多くのトップ選手を教え子に持つブライアン・オーサー氏の門を叩いた。カナダ人コーチの下ではスケーティングの向上を図るが、振付師などは従来通りのスタッフで臨むという。

 新天地でレベルアップに努める紀平は、ロシア勢との差をどこまで埋められるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか