大谷翔平ついに本塁打数でゲレーロJr.に追いつかれ…まさかの「無冠」にも現実味

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が、ついに本塁打数で並ばれた。

「2番・DH」でスタメン出場した日本時間13日のアストロズ戦は3打数1安打1四球で4試合連続安打。一発は出ず、同日のオリオールズ戦で44号ソロを放ったブルージェイズのゲレーロJr.(22)に追いつかれた。

 二刀流の大谷には現在、本塁打王、MVP、ベーブ・ルース以来103年ぶりとなる2ケタ勝利2ケタ本塁打、サイ・ヤング賞の可能性がある。

 メジャーで投打とも主力級の活躍をしているだけでもハンパじゃないのに、MVP以外は日本人選手として初。今季の大谷がいかにケタ外れのパフォーマンスを発揮しているかが分かるが、どれひとつとして確実ではないことも事実。言い換えればタイトルや勲章をひとつも取れない可能性もあるのだ。

サイ・ヤング賞にも赤信号

 最も可能性が高いのは本塁打王だが、ゲレーロの他、ペレス(31=ロイヤルズ)も42本で猛追。9月は2本塁打の大谷に対し、ゲレーロ5本にペレス4本と勢いがある。

 中でもゲレーロは打率.319(リーグトップ)、102打点(リーグトップに5点差の3位)で三冠王を狙える位置にいる。達成すれば2012年のカブレラ(タイガース)以来、そのカブレラは同年のMVPを獲得。カブレラの前に三冠王になった1967年のヤストレムスキー(レッドソックス)も同年のMVPを獲得している。

 投手としては11日のアストロズ戦で3回3分の1を投げて9安打6失点。2敗目(9勝)を喫した。順調にいけば残り3試合。2ケタ勝利まであと1勝だが、次回は17日のホワイトソックス戦か18日のアスレチックス戦、その次は24日のアストロズ戦が有力だ。Wソックスは中地区首位、アスレチックスはワイルドカードによるプレーオフ進出がかかっている。どちらも強豪だし、次のアストロズは地区首位でコテンパンにされたばかりだ。

 “もう1勝”が簡単にはいかないうえ、11日のアストロズ戦の6失点で防御率は3.36まで下がった。レイ(29=ブルージェイズ)、コール(31=ヤンキース)と、防御率2点台の投手が2人いるだけにサイ・ヤング賞はかなり厳しくなった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?