大谷翔平リアル二刀流で先制44号弾も投手では2敗目 エ軍首脳陣の思惑は「本塁打王争い」専念

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間11日のアストロズ戦に1918年のベーブ・ルース(13勝、11本塁打)以来103年ぶりの「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」をかけて登板。

 今季18度目のリアル二刀流で起用された大谷は一回、相手の先発左腕バルデスの内角直球を捉えて右翼スタンドに先制の44号ソロ本塁打を放ったものの、投げては四回途中で降板、6失点で2敗目を喫し、偉業達成はならなかった。なお三回の第2打席は四球だった。

 ◇  ◇  ◇

 ジョー・マドン監督は、今後の投手としての起用法について「もちろん、シーズン最後まで投げさせる」としながらも、「来季に向けて若手投手を試したい」と本音を漏らしている。9月はロースター枠(26人)が拡大され、各球団とも来季に備えてマイナー選手の力量を見定める時期だ。特にポストシーズン進出の望みが絶たれた球団は積極的に戦力のふるい分けを行い、エ軍も9月に入って投手、野手合わせて4人の若手を試している。

 今季の大谷は開幕から二刀流をこなし、投打ともパフォーマンスの高さを証明した。スタミナにも不安がないことも実証済みだ。首脳陣は大谷を投手としてシャットダウンさせ、本塁打王争いに専念させたいのが偽らざる本音だという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質