照ノ富士を苦しめる「3つの重圧」…9月場所V候補筆頭も新横綱での優勝は過去4人のみ

公開日: 更新日:

 新横綱照ノ富士(29)の晴れ舞台となる9月場所。初日は逸ノ城、2日目は元横綱朝青龍の甥である豊昇龍と対戦する。実力を考えればV候補の筆頭だが、新横綱で優勝した力士は過去4人しかいない。

 大相撲が年6場所制になった1958年以降、新横綱として賜杯を掴んだのは、61年11月場所の大鵬、83年9月場所の隆の里、95年1月場所の貴乃花、2017年3月場所の稀勢の里(現荒磯親方)だけ。そのうち、貴乃花と稀勢の里は優勝決定戦までもつれ込んでいる。

 かつて「憎らしいほど強い」と言われた北の湖(優勝24回)、ウルフこと千代の富士(同31回)、さらに朝青龍(同25回)や白鵬(同45回)といった横綱ですら果たせなかったといえば、いかに困難かがわかるだろう。

■土俵入りは精神的に消耗する

 なぜ、新横綱は苦戦するのか。「横綱土俵入りによる精神的な消耗が原因のひとつ」との指摘がある。

 照ノ富士は師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と同じ不知火型を選択。8月24日の明治神宮奉納土俵入りで初披露した。土俵入りは決まった型があり、正確かつ美しく行わなければいけない。当然、間違えたら赤っ恥だ。横綱ごとにアレンジするケースもあるが、独自に“改造”しすぎると伝統をおろそかにしていると見られ、白鵬のように批判を浴びる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?