巨人・中田翔“ベンチ幽閉”で腰もストレスも爆発寸前!「コンビニ買い出しさえ自粛状態」

公開日: 更新日:

 8日のDeNA戦の先発メンバーにも、中田翔(32)の名前はなかった。これで3試合連続のスタメン落ち。巨人移籍後の成績が34打数5安打の打率.147、1本塁打、2打点では仕方がないが、古巣の日本ハムOBはこう言う。

「暴行事件、出場停止、巨人への電撃移籍と、なかなか野球に集中できないというのもあるんだろうけど、バッティングの状態がひど過ぎる。速い真っすぐに差し込まれ、その意識が強いから、変化球に体が突っ込み、泳いでしまう。相当、腰が悪いらしい。それもあって、体重移動が我慢できない。今季は開幕からずっと持病の腰痛が悪かった。まだ日本ハムにいた6月に急性腰痛で離脱。医者からは、ヘルニアの手術を勧められていた。移籍したからといって、ヘルニアが治るわけではもちろんない。かといって、移籍の経緯が経緯だし、拾ってもらった巨人で、自分から痛いのかゆいのと白旗をあげるわけにはいかないでしょう。精神的にも、相当、参っているようです。日ハムに残っていたら、とっくに音を上げていると思う」

 実際、開幕から不振が続いた今季5月に自ら二軍落ちを直訴。栗山監督は「頑張れ」とハッパをかけたそうだが、本人は「今の状態ではチームに迷惑をかける」と再調整を望んだ。栗山監督が渋々これを受け入れ、就任10年目にして故障以外では初となる中田の登録抹消を決定。そうやって古巣では思い通りにできたことも、加わったばかりの巨人では遠慮が先に立つ。スタメン落ちの屈辱と腰の痛みをグッと耐えて、ベンチに座っているしかないようなのだ。

都内ホテルで缶詰め状態

「それに、北海道の自宅を離れて、今は単身赴任の身。都内でホテル生活を強いられている。飲んで遊んでリフレッシュするタイプだから、しんどいと思いますよ。緊急事態宣言中で夜の街をフラフラするわけにはいかないし、そもそも暴行事件の不祥事を起こした直後だから、さすがにコンビニに買い物に出かけることすら自粛しているみたい。当たり前ですが、巨人からはその辺も厳しく言われているとか。週刊誌などのメディアの目を今まで以上に気にせざるを得ないから、ホテルで事実上の缶詰め状態。かなりストレスがたまっているでしょう。爆弾を抱える腰もそうですが、そっちも爆発しないか心配ですね」(前出の日本ハムOB)

 1―4でDeNAに敗れた巨人は、引き分けを挟んで今季ワーストタイの4連敗。中田は代打での出番もなかった。

 二軍落ちが時間の問題とみられるが、中田にとってはプラスかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》