高安に脱皮の好機! 兄弟子・荒磯親方からの「卒業」と「創意工夫」で大関復帰

公開日: 更新日:

 今こそ巣立ちの時だ。

 かつて和製大関として期待された高安(31)。兄弟子の横綱・稀勢の里(現荒磯親方)と二人三脚で稽古に励んできたが、左ヒジのケガと腰痛で2019年に大関から陥落。9月場所は小結として土俵に上がる。

 そんな高安にとって、最大の転機が荒磯親方の独立だ。田子ノ浦部屋で後輩を指導をしていた兄弟子が故郷の茨城県で8月1日に部屋開き。これまでのように胸を借りることもできなくなった。

 しかし、考えようによっては高安が脱皮するチャンスでもある。

「稀勢の里は不運なケガで横綱としては活躍できなかったものの、その強さは今の力士とは別格。白鵬に迫れた最後の力士と言ってもいい。それだけに高安も『この兄弟子とだけ稽古をしていればいい』という甘えにつながったのではないか」とはある親方だ。

 かつて千代の富士が北勝海(現八角理事長)を鍛えに鍛えぬいて横綱に引っ張り上げたこともあったが……。

「千代の富士さんは何でもできた力士。左四つ一辺倒の稀勢の里とは違う。そもそも高安も同じ左四つなので相四つ。立ち合いからがっぷり組み合えるので、組ませてもらえない相手への対処などは学べない。稀勢の里と毎日稽古をすれば横綱の圧力を肌で体感できるし、スタミナもつくだろうけど、それ以上のものは得られない。さらに2人とも巨漢で腰高の力士なので、低い体勢で稽古をする必要がなく、欠点が直らないままだったとの見方もできる」(前出の親方)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実