阪神・藤浪は“戦犯”回避も…G岡本に浴びた痛恨3ランを「舐めた配球」と掛布氏がバッサリ

公開日: 更新日:

 負けていれば間違いなく戦犯だった。

 阪神は5日の巨人戦3点ビハインドの五回1死一、二塁のピンチで2番手の藤浪晋太郎(27)が、巨人の岡本に痛い3ランを浴びた。その後、阪神は6点差を追い付き、引き分けに持ち込んだが、岡本の一発がなければ3連勝だったわけだ。

 それにしても解せないのは、岡本に対する配球だ。相手は巨人の4番で、現在は本塁打、打点トップの好打者だ。OBでテレビ解説の掛布雅之氏も、同じコースに、同じ変化球を3球も続けたことを、「なめた配球」と言った。

 藤浪はこの日も160キロ前後の目を見張る直球を右打者の外角に投げ込む一方、右打者の内角には投げられない。捕手の梅野は、相手打者のデータを頭に入れたリードはできなかった。

「あそこは1点取られたら敗色濃厚。巨人打線は2回り目で、藤浪の直球にタイミングがあってきた。岡本は前の打席で好機にスライダーで三振している。ここも三振か引っかけさせてゲッツーを取りたい。内角の厳しいところを突けない以上、梅野は外角低めのスライダーを要求するしかなかったのだろう」とは、あるOBの解説だ。

 引き分けを最も喜んだのは藤浪と梅野だったかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!