エンゼルス大谷44号ならず レ軍左腕に4打数無安打…本塁打王争いライバルのペレス2本差で猛追

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が、足踏みである。

 日本時間6日のレンジャーズ戦は「2番・DH」でスタメンに名を連ね、4打数無安打1四球3三振。2戦連続本塁打はならなかった。

 この日の大谷は相手の先発左腕ハーンを攻略できなかった。一回には直球を打ち損じて、珍しくボテボテの一ゴロ。その後もハーンの150キロ台半ばの直球で2打席連続三振に倒れた。八回に2番手右腕から四球を選んで出塁し、今季23個目の盗塁を決めたのが唯一の見せ場だった。

 ここにきて、ライバルの勢いが止まらなくなってきた。後半戦に入って調子を上げ、前日までに大谷を3本差で追っていたロイヤルズ・ぺレス捕手はホワイトソックス戦で3打数1安打3打点。一回に先制の41号3ランを放ち、二刀流との差を縮めたうえに、打点(102)はリーグトップのホワイトソックス・アブレイユ(103)とは1差。ジョニー・ベンチ(レッズ)が1972年に達成して以来49年ぶりの捕手による2冠も完全に射程に捉えた。

 大谷は1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりとなる同一シーズンでの「2ケタ勝利、2ケタ本塁打」がかかる。

 歴史的な偉業達成に向けて大谷とぺレスによる争いが熾烈になりそうだ。

 パイレーツ・筒香はカブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場し、一回に先制の7号ソロ本塁打を放った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質