フェンシング男子エペ団体「金」見延和靖<2>選手村のジムで起きた大逆転劇、包丁研ぎで無心になる

公開日: 更新日:

見延和靖(34歳、フェンシング男子エペ団体、金メダル/ネクサス)

 2020年3月、東京五輪の1年延期が決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響で満足に団体メンバーと会うことができず、「団結力」という言葉が音を立てて崩れる危機感を抱いた。

■コロナ禍で養えなかったフェンシングならではの「気配」

「会えない期間が続いたのは大変でした。(メールやLINEなどの)文章だけでは伝えきれない気持ちがある。僕に文章能力がないからかもしれないですが。何度かオンラインミーティングを設けましたけど、それでもやっぱり、会って話さないと空気を伝えきれない部分があると感じていた。特に僕たちは対人競技であり、相手の気配を感じ取りながら競技をしているので、『察する能力』が必要不可欠。その『気配』をベースにやってきたので、これまでは言葉以上のことを感じ取ってくれる選手もいたけど、今回はそこを感じ取りきれない部分があってつらかった」

 開催直前の延期決定も傷口を広げた。

「延期決定の数カ月前までどっちに転ぶか分からないという状況が続いて、あのときが一番苦しかった。もともと東京でやめるつもりはなかったので、モチベーションという意味では東京は通過点でしかなかったけど、僕たちの職業(フェンシング)で一番大事なのは調子の波をつくること。いかに勝つべき日に調子を上げてこられるかにかかっている。なかなかスタートを切れず、大きな波をつくれない難しさがありました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に