巨人原監督が戸郷も五回途中でスパッと交代…桑田コーチ補佐の「130球完投指令」今いずこ

公開日: 更新日:

 15日の中日戦。原監督がベンチを出たのは、2点を失った先発の戸郷がなおも1死満塁のピンチを招いた五回途中のことだった。その時点で4―2と巨人の2点リード。四回まで一人の走者も許さない完全投球を見せていた戸郷は、あと2死で今季9勝目の権利を手にするところだったが、指揮官はスパッと2番手・今村への交代を告げた。

<選手交代が早いよね原監督 次期エース候補の戸郷選手に対しても…勝ち投手の権利を、って思ってしまうけど…チームで動いているからね>

 元エースでOBの上原浩治氏が自身のツイッターに投稿した呟きが、ネットニュースでも報じられた。戸郷は4―0の五回1死から2連打で1点を失うと、3連続四死球による押し出しでさらに1失点。突然の乱調に原監督の我慢が限界に達したわけだが、<チームで動いている>以上、確かにこの交代は致し方ない面はある。<エース候補>だからこその、「愛のムチ」とチーム関係者も言っている。

■「個人軍より、巨人軍」とは言うものの…

「原監督の口癖は“個人軍より、巨人軍”。当たり前ですが、チームの勝利が最優先、という考えを徹底している。いきおい、投手交代も早い。今季の巨人先発陣の平均投球回数は約5.5イニングで、これはリーグで4番目。ちなみにチーム防御率リーグトップの阪神は約6イニングです。チーム最優先の方針は理解できますが、特に若手投手を一本立ちさせるためには時に我慢が必要。ピンチを迎え、四回、五回で“ハイ、交代”ではなかなか地力がつかないのも確か。選手以上に複雑な思いでいるのが、桑田投手コーチ補佐かもしれませんね」(巨人OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走