ソフトB初先発で5回ノーノーのスチュワートはMLBドラフト1巡目指名 “二匹目のドジョウ”はいるか?

公開日: 更新日:

 15日、投手6人による継投で日本ハム打線を“ノーヒットノーラン”に封じたソフトバンク。この試合の先発を務めたのが、入団3年目のスチュワート・ジュニア(21)だ。常時150キロ超の速球を武器に5回9奪三振。本来先発するはずだった和田の代役とはいえ、一軍初先発で結果を残した。

 2018年の米ドラフトでブレーブスから1巡目指名(全体8位)されるも、右手首に故障が見つかり契約が難航。短大進学を経て、19年シーズン途中にソフトバンクと6年総額700万ドル(約7億7000万円)で契約した。仕掛け人は名うての代理人として知られるスコット・ボラス氏だ。

 米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏は「ボラスもスチュワートも損をしない巧妙な契約です」とこう続ける。

「ドラフト1巡目レベルの選手は大体3年目くらいまでにメジャーに昇格するケースが多い。しかし、仮に契約金350万ドルで入団できても、マイナー期間の給料はスズメの涙。メジャー昇格後も年俸調停の権利を得るまでの3年間は、最低年俸しかもらえません。つまり年俸が大幅にアップする調停の権利を得るまでには6年程度かかるのです。仮にスチュワートがそのままブレーブスと契約した場合、6年間で手にする金額は700万ドルに及ばない。さらにドラフトを経ていないため、メジャーに移籍する場合は外国人選手扱い。年俸調停期間がないうえに、ソフトバンクと契約が満了する年には25歳になっているのもミソ。現在、MLBは25歳未満の外国人選手と高額契約を結べないルールがあり、大谷もこれに引っかかった。スチュワートがソフトバンクとの6年契約終了後にメジャー入りする場合、こういった制約を受けないことも強みです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い