雨続きで甲子園出場校から悲鳴…応援バスのキャンセル料で“痛い出費”

公開日: 更新日:

 自然相手だけに不測の事態は付きものとはいえ、甲子園の出場校も長雨の影響をモロに受けている。

 今月9日に予定されていた甲子園の開幕は台風9号の接近により1日順延。束の間の晴天の後、今度は西日本付近に停滞する前線の影響で12日、13日と2日続けて順延。さらに14日も順延になり、計4日間試合が雨で流れている。

 その状況に悲鳴を上げているのが出場校だ。12日は第1試合の四回終了時にノーゲーム、順延が決まったため、第2試合以降の出場校の応援団はすでに地元を出た後だった。

■県岐阜商は予約時の8割負担で100万円

「十数台のバスで400人弱の生徒が現地(甲子園)入りしていました」と県岐阜商(岐阜)の職員が続ける。

「バス料金はキャンセル扱いになり、予約時の8割負担で100万円ほどかかりました。寄付などを募っていますが、今後、応援団を送り出せるか……」

 出場校は通常、旅行会社とツアーを組む。地元を出発、甲子園での試合を経た後、再び地元に戻るパックだが、急きょ中止が決まってとんぼ返りになったため、キャンセル扱いになったというのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!