ソフトB打線低調で小久保“禅譲”に黄信号…ポスト工藤に「第3の男」がエントリー

公開日: 更新日:

 すんなり禅譲といくのか。

 ソフトバンク工藤公康監督(58)は今季が2年契約の最終年。日本シリーズ5連覇を達成すればともかく、結果を残せなければ退任し、後釜には小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が昇格……というのが既定路線といわれている。

 後半戦初戦の日本ハム戦は3―0で勝利したものの、もっか4位と苦戦。中でもやり玉に挙げられているのが、小久保コーチが工藤監督に一任されているといわれる打線だ。

 チーム打率はリーグ3位の.249も、1点差の試合は6勝13敗と競り合いに弱く、完封負けも6回ある。中軸のグラシアルが右手指の骨折と靱帯損傷で長期離脱中で、デスパイネもキューバ代表として出場した五輪予選で負傷。「韋駄天」の周東も故障と、主力にケガ人が多いのは事実。しかし、投手陣も千賀やモイネロ、守護神の森ら故障禍に見舞われながら、チーム防御率はリーグトップの3.25を残しているだけに、打線の不甲斐なさが目立つのは確かだ。

「小久保コーチはプレミア12とWBCで日本代表監督を務めたとはいえ、プロ野球の指導者は今年が初めて。結果次第では『ヘッドや二軍監督として経験を積ませた方がいい』という声が出ても不思議ではない。打線が低調なままV逸となれば、工藤監督が退任し、小久保コーチは配置転換。そうなると、後任が不在になる」(球団OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?