【バスケ女子】初の決勝進出の裏に3Pシュート戦術とWNBA仕込み渡嘉敷の“鬼軍曹”ゲキ

公開日: 更新日:

 平均身長が176センチと低い日本は、長身揃いの相手にロングシュートを沈めて勝ち上がってきたのだ。

 米プロ女子バスケWNBAでプレーした193センチのエース渡嘉敷来夢(30)が、昨年12月の皇后杯で右膝前十字靱帯断裂の重傷を負って代表から離脱。渡嘉敷中心のチームから転換し、これまで以上に3Pシュートを多用する戦術への転換が功を奏した。

 その渡嘉敷は自国開催の五輪のコートに立てなかったが、チームのケミストリー構築に貢献した。米国や代表での経験が豊富な長身センターは、故障するまで鬼軍曹のような存在で若手に睨みをきかせてきた。代表としての自覚に欠ける選手にはコート上でも厳しく接してきたという。

 渡嘉敷は「金メダルを目標に掲げているのに、代表としての意識が低いと言わざるを得ない選手がいる」「若い選手がチームを引っ張らないようではダメ」と公言。時には練習を中断してまで若手に苦言を呈するなど自ら嫌われ役を務めた。

 今大会のメンバーにも渡嘉敷によって代表としての心構えを叩き込まれた選手は少なくない。五輪初出場の若手が躍動したのも、決して偶然ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い