【空手】空手界のプリンス西村拳は残り0秒で大逆転負け…敵の母をもメロメロにする“美容男子”の一面が

公開日: 更新日:

 メダルの有力候補と期待された、空手男子75キロ級の西村拳(25)にまさかの結末が待っていた。

 2勝1敗で迎えた予選ラウンド4戦目。ハンガリーのハルシュパタに対して1-0とリードして迎えた最終盤、終了のブザーと同時に繰り出したハルシュパタの左上段蹴りが1本と判定された。勝てばメダルが確定する試合で、それをほぼ手中に収めながら、1-3の大逆転負け。「自分を殴ってやりたい」。西村は呆然と言葉をしぼり出すしかなかった。

 組手70キロ級で数々の国際大会を制してきた空手家の父を持ち、3人兄弟の末っ子として福岡県福岡市に誕生。中学までを地元で過ごし、進学先を宮崎第一高校に選んだ。

 ナショナルチームや全国大会などの接点で中学時代から現在も西村と付き合いがある今尾光さんが「彼はかなりの綺麗好きでした」と、当時をこう振り返る。

「昔からどれだけ汗をかいても臭いなんてことはなく、常に柔軟剤の香りが漂っていました。眉毛も髪もキチンと整えていたし、洗顔などにもこだわりがあった。ニキビもなく、爽やかという言葉がピッタリでした。それでいて、中学時代から世界大会に出ているほど実力があるから、日本中の高校から声が掛かっていました。引く手あまただったこともあり、宮崎第一高を選ぶ際は同校の空手道部で禁止されていた『携帯使用』『眉毛加工』などを認めるよう求めたと聞いています(笑い)。だからケンの影響で他にも色々と規則が緩くなったんだとか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま