【空手】空手界のプリンス西村拳は残り0秒で大逆転負け…敵の母をもメロメロにする“美容男子”の一面が

公開日: 更新日:

 メダルの有力候補と期待された、空手男子75キロ級の西村拳(25)にまさかの結末が待っていた。

 2勝1敗で迎えた予選ラウンド4戦目。ハンガリーのハルシュパタに対して1-0とリードして迎えた最終盤、終了のブザーと同時に繰り出したハルシュパタの左上段蹴りが1本と判定された。勝てばメダルが確定する試合で、それをほぼ手中に収めながら、1-3の大逆転負け。「自分を殴ってやりたい」。西村は呆然と言葉をしぼり出すしかなかった。

 組手70キロ級で数々の国際大会を制してきた空手家の父を持ち、3人兄弟の末っ子として福岡県福岡市に誕生。中学までを地元で過ごし、進学先を宮崎第一高校に選んだ。

 ナショナルチームや全国大会などの接点で中学時代から現在も西村と付き合いがある今尾光さんが「彼はかなりの綺麗好きでした」と、当時をこう振り返る。

「昔からどれだけ汗をかいても臭いなんてことはなく、常に柔軟剤の香りが漂っていました。眉毛も髪もキチンと整えていたし、洗顔などにもこだわりがあった。ニキビもなく、爽やかという言葉がピッタリでした。それでいて、中学時代から世界大会に出ているほど実力があるから、日本中の高校から声が掛かっていました。引く手あまただったこともあり、宮崎第一高を選ぶ際は同校の空手道部で禁止されていた『携帯使用』『眉毛加工』などを認めるよう求めたと聞いています(笑い)。だからケンの影響で他にも色々と規則が緩くなったんだとか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走