【陸上】田中希実「初」づくしに陸上界が驚いた! 1500Mでまさかの4分切りファイナルへ

公開日: 更新日:

 二兎を追い二兎を得た。

 女子1500メートル準決勝の田中希実(21)は1組目に登場。予選で出した日本新を更新する3分59秒19で5着に入り、決勝進出を決めた。

 準決勝は2組が走り、各組5着以内+タイム上位2人の計12人が決勝へ進む。田中は800メートルまではほぼ先頭で進み、5番手でラスト1周へ。4位の選手も抜こうかという走りをみせ、6日の決勝へ駒を進めた。

「4分切らないと決勝は難しいと思った。着順(5位以内)を狙えばタイムも出る。両方果たすことができてよかった。決勝はラストにこだわりたい」

 田中の結果に、ある実業団関係者はこう語る。

「日本の女子が五輪のセンゴ(1500メートル)を着順で、それも自分でレースを引っ張り3分台で決勝へ進むとは想像もできなかった。決勝はよほどのアクシデントがなければ、1500メートル、5000メートル、1万メートルの3冠を狙うハッサン(オランダ)が勝つ。すでに5000メートルで金のハッサンは後方でレースを進め、ラストで異次元の走りを見せるが、19年世界陸上の1500メートルは1周目から先頭に立ち、3分51秒95で勝った。田中は序盤から2、3番手につけ、最後のスピード勝負でどれだけ粘れるか。何とか入賞して欲しいです」

 男子は三浦龍司(19)が、3000メートル障害で日本人初の7位入賞を果たし陸上界を驚かせた。今度は田中の番か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき