住職に転身した元プロ野球審判 佐々木昌信さんが語る大谷翔平と松井秀喜の共通点

公開日: 更新日:

佐々木昌信さん(「ゲッツポーズ」で人気を博した元プロ野球審判/52歳)

 昨年11月、西武日本ハム戦を最後に引退した日本野球機構(NPB)の審判員・佐々木昌信さん。現役中は、ストライクのコール時のダンディ坂野の「ゲッツ」に似たポーズが、たびたびスポーツ番組に取り上げられた。また2015年には最優秀審判員賞の栄誉に輝いたものの、18年には誤審騒動が話題になった。さて、今どうしているのか。

 ◇  ◇  ◇

「大活躍中の大谷翔平選手とヤンキースのGM特別アドバイザーをしている松井秀喜さん。2人には共通点があるんです。これは球審しかわからないことなんですけどね」

 こう言うと、佐々木さんはにっこりとほほ笑んだ。

「最初の打席に立つ際、『〇〇さん、こんにちは』、ナイターなら『こんばんは』ですけど、必ず球審の名前をつけて挨拶するんです。家庭環境なのか本人の自覚なのかは知りませんが、球審も人の子、悪い気はしないもの。多分、メジャーでも2人は挨拶してると思いますよ」

 群馬県館林市にある真宗大谷派の古刹・覚応寺。昨年11月4日、29年の審判員生活にピリオドを打ち、翌日、340年余りの歴史を誇る同寺の18世(代目)住職に就任した。

「もともと、定年(55歳)になったら継ぐ予定でした。ところが、体調が悪かった父が昨年1月に急に亡くなったため、昨シーズン限り、としたのです。NPBからは“二刀流”でと慰留されましたが、ご法事は週末が多いですし、ご葬儀もいつあるかわかりません。実際、引退した翌日にご葬儀を取り仕切りましたからね」

 審判時代は夜型だったが、すっかり朝型。早朝6時から一日が始まる。

「今必死に覚えているのが、境内に400基ほどある檀家さんのお墓の位置です。先代はすべて暗記しており配置図がないんですよ」

 頻発する地震で傷んだ山門と土塀の修繕工事にも取り組み、何かと忙しい。

 一方、新型コロナの影響は大きい。密を避けるため、法事が減り、家族葬が増えるなど簡素化の流れは寺院経営の大きな痛手だ。

「それと檀家さんが、マスクをされているので顔をなかなか覚えられません。街中ですれ違うと、先方は僕の丸刈り頭でわかるのですが、僕は気づかないまま失礼していると思います。本当に厄介な時代です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」