【東京五輪】海外選手がTOKYO買い物三昧 新品の家電抱えてゴキゲンだった目撃談も

公開日: 更新日:

 東京五輪は開幕から折り返し、選手をはじめとする大会関係者の新型コロナウイルス感染は右肩上がりで増えている。30日は1日当たりでは最多となる27人の陽性が判明した。大会組織委員会の発表によると、1日以降、220人の感染を確認。そのうち選手村滞在者は27人で、内訳は選手13人、大会関係者14人だ。

 IOC(国際オリンピック委員会)は「われわれは一番厳しいロックダウンを選手村に行っている」と感染予防に自信を示しているが、額面通りには受け止められない。選手らの外出が相次いでいるからだ。

■バブル完全崩壊

「新品の家電を抱えて、競技場内をウキウキと歩いている海外選手やコーチを見かけました。どうやら、時間の合間を縫って家電量販店に向かい、お目当ての商品を購入して戻ってきたようです。誰かしら関係者が手引きしているんだと思いますよ。感染症対策をまとめたプレーブックでは、選手は宿泊施設、練習会場、試合会場以外への外出が制限されていますが、現場ではなし崩し。特にヒドイのが選手やコーチらで、行動制限も動線も気にも留めない連中がいる。プレスルームに出入りしたり、敷地外をぶらぶらしていたり。外部との接触を遮断する『バブル方式』なんて机上の空論ですよ」(大会関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由