元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

【東京アクアティクスセンター周辺】最新鋭の水泳会場の<内と外>は別世界だった

公開日: 更新日:

東京アクアティクスセンター周辺

 東京五輪で金メダルが確実視されていた競泳瀬戸大也(TEAM DAIYA)。

 しかし、400メートル個人メドレーと200メートルバタフライで決勝進出を逃し、残すところ200メートル個人メドレー1種目となっていた。

 だが、7月28日の同予選もタイムが上がらず、16位でギリギリ通過という状況だった。

 そこで、彼の今大会ラストレースになるかも知れなかった29日昼、会場の江東区辰巳にある「東京アクアティクスセンター」を訪れた。

 この日も朝から気温30度超えの猛暑に見舞われた東京都内。辰巳一帯もギラギラした太陽が照りつけていた。

 東京アクアティクスセンターの最寄り駅は、地下鉄有楽町線の辰巳駅。2番改札を出て小さな橋を渡ると「辰巳の森緑道公園」に出る。そこからWOWOW辰巳放送センターの前を東に進み、水球会場の「東京辰巳国際水泳場」が見える交差点を左折すると真新しい巨大な建物が見えてくる。

 これが総工費567億円という巨額の費用を投じて2020年2月に完成した同センターだ。

 実は何度かここには足を運んでいるのだが、中に入ったことは一度もない。東京五輪の1年延期が決まった後、しばらくバリケードに覆われていたが、2020年10~11月にかけて実施された施設体験会には、参加することができなかったからだ。

 その後は再び五輪準備のためクローズ。4月の水泳日本選手権など特定イベント以外は閉鎖という状態が約1年半続いている。

 本来であれば、指定管理者のオーエンス・セントラルスポーツ・都水協グループは、今夏から一般利用やイベント誘致などで稼働させることができたはずだが、その予定がさらに1年先までズレ込んだ。

 2019年の東京都の資料によれば、同センターの年間支出は9億8800万円。収入は個人・専用利用などで3億5000万円を見込むものの、差し引き6億3800万円のマイナスという試算になっている。

 指定管理者は赤字幅を少しでも圧縮して「稼げる施設」にしなければいけない。

辰巳の森海浜公園はガラガラ

 そもそも水道・光熱費のかかるプールは維持管理が非常に難しい。

 五輪・パラリンピック後の後利用とカネの問題は彼らにも、我々都民にも重くのしかかりそうだ。加えて言うと、1993年完成の辰巳水泳場のアイススケートリンクへの転換問題もある。 

 目と鼻の先にアクアティクスセンターができたことから、築28年のこちらは不要になり、湾岸エリアにはないスケート場にすることが正式決定したのだが、果たしてコロナ禍で財政が悪化した東京都が本当に計画を進められるのか。不安は尽きない。

 そんなことを頭に浮かべつつ、バリケードで覆われた施設を横目に見ながら「辰巳の森海浜公園管理事務所」へ。

 同公園内にはラグビー場1面、少年広場2面、バーベキュー場などがあり、通常の週末は近隣のみならず、都外からもやってくる人も少なくないといが、今はマレットゴルフとパターゴルフしか営業できない状態だ。

「オリ・パラで駐車場が使えないので遠くから来られる方が減り、今はすごく暇です。9月のパラ終了後に撤収に入ると聞いていますが、アクアティクスセンター周囲の芝生の上にコンクリートを敷いてしまったので、それを元に戻す作業が必要だと聞きました。芝生の養生は時間がかかりますよね。いつから一般利用ができるのか分かりませんね」とスタッフは言う。

 公園利用者にとって芳しくない状況なのは間違いない。

岡山県警から出向いた警察官も「仕方ない」

 仮に今回の五輪が有観客で開催され、瀬戸や萩野公介(ブリヂストン)、大橋悠依(イトマン東進)の雄姿を目に焼き付けることができれば、その現状や今後に対する人々の捉え方も違っただろう。スポーツ関係者の1人として、残念な感情が湧いてくる。

 そこから猛暑の中、公園を1周してみたが、観客の入場口になるはずだった仮設テントは使われないまま。警備中の岡山県警から出向いた警察官も「仕方ないですね」と残念そうだった。公園内の賑わいはまるで感じられない。

 瀬戸や萩野が泳いだ時間に近くにいたのは、バスケットボールの練習をする者、マレットゴルフをする老夫婦、そしてベンチに寝転がる男性2人くらい。 最新鋭の施設の内と外が、別世界のように感じられた。

 だが、現実に瀬戸や萩野は奮闘している。30日の決勝時には、お膝元で応援したいという人が1人でも現れたらいいのだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された