米女子体操シモーン・バイルス 性的虐待を受けたスーパースターの矜持

公開日: 更新日:

 五輪連覇を狙う米国女子体操界を牽引するスーパースターで、チームドクターによる性的虐待を主張したシモーン・バイルス(24)を、「それでも彼女は立ち上がる。立ち上がる。また立ち上がる」との見出しで扱ったのが24日付「ニューヨーク・タイムズ紙」(電子版)だ。

 この記事は「バイルスはずっと東京五輪を望んでいた。それが早く始まることをではなく、終わってくれることを」という刺激的な書き出しでスタート。「バイルスは前回のリオ大会で体操のため、国のためにすべてを捧げ、米国女子体操チームを五輪連覇に導いた。個人としても3つの金メダルを獲得。しかし、そのリオ大会終了後、すぐにチームドクターの選手に対する性的虐待という大スキャンダルが発覚、時が経つにつれ自らも被害者のひとりであり、身体的、精神的虐待を受けていたことに気付いた」という。

 体操は採点競技。勝敗には審判のジャッジが大きく影響する。ゆえに協会や審判に悪い印象を与えることを恐れ、言いたいことを心にしまい込むのが選手の常だったが、バイルスは違った。

「私は米国代表、(自分が所属する)世界チャンピオンセンター代表、そして世界中の黒人や褐色の肌の女の子たちの代表なの。決して米国体操協会を代表しているわけじゃない」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」